笏谷石バンクとは

Syakudaniishi BANK

福井市足羽山にて1500年前から採掘されてきた笏谷石。濡れると色調が変わる美しさ・加工のしやすさから、長い間地場建材として活用され、福井の景観をかたちづくってきました。1998年には採掘が中止され、今では希少な素材となり、笏谷石の景観も少しづつ減少しています。笏谷石バンクでは、不要になった笏谷石の回収・加工・販売を通して、笏谷石文化を次世代へとつなげていきます。

Syakudaniishi BANK

Syakudaniishi BANK × Design

笏谷石バンクデザインでは、建物の解体などで廃棄される笏谷石、もしくは大切に保管されてきた笏谷石を用いて、ランドスケープデザインやオブジェデザイン等をおこないます。また、一般の方、造園業者、建設業者の方々に笏谷石の販売を行います。

Syakudaniishi BANK × Design

Syakudaniishi BANK × Product

笏谷石バンクプロダクトでは、笏谷石の端材を活用した商品の開発・販売を行います。昔から使われてきた笏谷石の漬物石のように、現代の生活に合わせた日常的に使われるものを製作し、これからも身近に笏谷石を感じられる暮らしを提案します。

  • しゃくだにかさたて
  • しゃくだにトレー
  • しゃくだにかさたて